鈴木敬 こけしと木の器

仙台こけし(作並系)は、赤と黒を基調に描彩したシンプルでモダンなデザインが特徴です。途絶えかけていた仙台こけしを四代に渡り継承し、制作しています。

鈴木 敬(Takashi Suzuki)
1994 宮城県仙台市に生まれる
2016 第57回石川伝統工芸展入選
2017 石川県挽物轆轤技術研究所専門コース卒業
     父・明の元でこけしの制作を始める
2017 第37回みちのくこけしまつり
     「観光庁長官賞」受賞
2018 第64回全国こけしまつり
     「宮城県知事賞」受賞
     「審査委員奨励賞」受賞
2019 Madu(仙台・東京)で初の個展

(作者より)
伝統こけしの制作と共に、木地挽きや漆塗りの技術を活かして盆や器類などの木地製品も制作しています。
 一つ一つの作品を心を込めて丁寧に制作しています。伝統を大切に受け継ぎながら、新しい技法にも挑戦していきたいと思います。
しまぬき本店 店内
2019年3月23日~31日