HOME > 商品 > 東北の工芸品 > 松川だるま

古くから仙台庶民に親しまれてきた「松川だるま」は天保年間(1830~1844)、伊達藩の藩士松川豊之進が創始したものといわれております。
初代 本郷久三郎が松川氏の弟子となり、現在、十代目本郷久孝さんが継承しております。

大空や海を表現した「群青」で顔の周囲を彩色し、はじめから目が入っているのも特徴のひとつ。四方八方を見渡し縁起事を見逃さないようにという意味と、病で片目となった伊達政宗公に配慮したとも伝えられています。

また腹部に宝船や福の神、さらに松竹梅などを描くなど、玩具というよりも宝尽くしの縁起物として親しまれてきました。

オンラインショップに掲載中.png

松川達磨 8寸 正面.jpg

松川だるま 宝船 8寸

松川達磨 8寸 眉毛.jpg

松川達磨 8寸 大黒.jpg

松川達磨 8寸 船.jpg

松川達磨 8寸 恵比寿.jpg

松川達磨 8寸 寿.jpg

松川達磨 6寸 正面.jpg

松川だるま 宝船 6寸

松川達磨 6寸 眉毛.jpg

松川達磨 6寸 船.jpg

松川達磨 8寸 恵比寿.jpg

松川達磨 6寸 寿.jpg

オンラインショップに掲載中 バナー.png