雄勝硯・雄勝石

日本の書道の道具として、600年以上の歴史を持つ雄勝硯。
宮城県石巻市雄勝町で採取される上質な雄勝石は、「黒色硬質粘板岩」と呼ばれ、粒子が均質で圧縮や曲げに強く吸水率も低いため、硯石として非常に優れた性質を持っています。その黒色の石肌からは、培われた年月と、優雅さが感じられます。
国産硯石のシェア90%を誇っていた雄勝町でしたが、東日本大震災を経た現在、
硯のみならずテーブルウェアや箸置き等商品の幅を広げて、伝統工芸の継承に向けた取組みが雄勝硯生産販売協同組合を中心に行われています。
 
 
銘々皿(15cm)
 
銘々皿(18cm)
 
角皿(21cm)

雄勝石 三角定規

600年以上も硯に使用されてきた雄勝石。その上質な「黒色硬質粘板岩」を用いて作られた三角定規は、すべての平面や直線を職人の手作業により再現。雄勝石の大人のオブジェとしても楽しめる作品。
 


雄勝石 仙台蒔絵コースター

古くから漆器の装飾に用いられた蒔絵を、今日の技法で商品の加飾に使用しています。仙台の七夕や政宗公、そしてこけし等を東北にちなんだアイコンとしてデザインしています。仙台の地の手仕事は、本体をより美しく、記憶に残る作品にしています。