木製手彫 鉄線花瓶 30,000円(本体価格)

仙臺堆朱

仙臺堆朱とは、型押した素地や木地に、朱色の漆を塗り重ね、黒で古色を入れる技法で作られた漆器です。起源は中国に由来し、明治時代に新潟県の村上堆朱の職人である川崎栄之丞が仙台にやって来て、仙臺堆朱の基礎を築いたと伝えられています。
細微な彫刻と、朱と黒の東洋的な美しさをあわせ持つ仙臺堆朱は、郷土仙台の誇る工芸品です。
 
 
名刺盆 花鳥彫
 
盆付菓子器 花鳥彫
 
お好み丼 牡丹彫
 
葉書入 山水彫
 
ペン皿 山水彫
 
布袋鉢 牡丹彫

堆透

漆の壁越しに見える淡い光が不思議な感覚に引き込む堆透。
漆のみを重ねて続け、約10年かけて制作された逸品。仙台堆朱の技を活かし、形づくられた器は、その費やした時間に相応しいだけの美しさを表現しています。
 


陶胎堆朱

陶胎堆朱とは、陶器の素地に朱漆を塗り重ね磨き上げた逸品です。
何層にも漆を塗り重ね、手作業で磨くことで表現される層状の紋様は、一点づつ異なる表情を見せてくれます。木製堆朱とはひと味違う適度な重量感が心地よさと安心感を得ることができるでしょう。