HOME | 商品 | 東北の工芸品 | 津軽こぎん刺し
仙台

津軽こぎん刺し【青森県】
「津軽こぎん刺し」とは、主に藍染の生地に白糸で刺して模様を施す、青森県の津軽地方に伝わる伝統的な刺し子。江戸時代、寒冷地では綿が育ちにくい為、津軽地方では麻を栽培し、着物にしていた。しかし目の粗い麻布では津軽の厳しい冬を乗り越える事には向いていない。そこで温もりを少しでも逃さないよう麻布に刺し子を施したのが「津軽こぎん刺し」の始まりである。