HOME | 商品 | 東北の工芸品 | 津軽塗
仙台

津軽塗【青森県】
美しい趣と上品さを感じる仕上がり、実用性を兼ね備えた、江戸時代から続く伝統工芸品「津軽塗」。
藩政時代では様々な技法で制作されていた津軽塗ですが、現在使われている技法は唐塗/七々子塗/紋紗塗/錦塗の四技法。様々な色漆を幾重にも塗り重ね、凹凸を研ぎ平坦にすることで、模様を浮き出させる技法は四技法に共通している。この作業を何十回も繰り返し、二カ月以上の期間を費やし制作している。