堤焼 埋木釉

堤焼

かつて仙台の堤町一帯に窯場があったことからその名がついた堤焼。優れた地元の土を活かした素朴さと、黒と白の釉薬を豪快に流しかけた海鼠釉(なまこゆう)が特徴。
堤焼と同じく、仙台に藩政時代から続く工芸品、埋木細工。この埋木の「残り木」を釉薬として使用したものが「堤焼 埋木釉」です。
埋木が持つ数百万年の年月の刻みを、堤焼で表現した作品です。
 

 
ぐい吞み
 
湯呑
 
マグカップ
 
フリーカップ
 
カップ&ソーサ―
 
四方花入