HOME > 商品 > TOHOKU Style > 仙臺弦月マウスパッド

仙臺弦月マウスパッド 遠巻き.png

日本の書道の道具として、古くから多くの人々に愛されてきた「雄勝硯」。
宮城県の石巻市雄勝町で採取される上質な石を使い作られてきた硯は、
日本の伝統工芸品にも指定されています。
この雄勝町で採取された石「雄勝石」を使用して作られたのが
「仙臺弦月マウスパッド」です。

このマウスパッドは、明治から昭和初期頃まで学生学童のノート代わり
として広く使用されていた未使用の雄勝産石板を利用したものです。

当時の雄勝石職人による厚さ数ミリに加工する技術はすでに失われて
いますが、東日本大震災で受けた被害からの復興の中で、雄勝石と共
にこの様な加工技術の復活作業が雄勝硯生産販売協同組合を中心に
行われています。

商品名 : 仙臺弦月マウスパッド
価格 : 2,000円(税抜)
サイズ : 約15.5cm×約10.5cm
発売日 : 2017年7月25日

企画・制作
株式会社こけしのしまぬき